情愛の応援


b0155903_21214338.jpg

寒さ厳しい朝。
思わず前かがみになってしまうほど気温が低い。
寒がる雪美姉さんを送り出す。





ボクらは早速お出かけの準備をする。

今日は、いつもの公園とはちょっと離れた
別の公園に行くことにした。





b0155903_21234788.jpg


美月に厚着をさせ、
ハンドルを握る。

車を走らせると20分ほどで到着する。
エンジンを止め、ドアを開けて駐車場に降りると
冬の冷気が一気に身を包み込む。

この時期の冷えは
体の芯まで凍らせる勢いだ。






b0155903_21241539.jpg

ここはいつもの場所と違って
園内の大部分が野球場になっている。





b0155903_21244040.jpg

風も強いせいか
親子連れがグランドで凧揚げをしている。
幸せの空気が芝生の上に見て取れた。







b0155903_2125288.jpg

「ねぇ、あれなぁに?」

不思議そうに地面を見て指差す。
眼を下に落とすと、ホームベースがあった。

野球場だからあるのが普通だ。
でも野球観戦すらしたことのない
美月にとってはわからないだろう。

「それはホームベースだよ」

「ホームベース?」

「それを踏むと自分のチームに1点入るんだ」

ボクは思い切り説明を端折った。

理解させるには
野球のルールから話さなければ
ならなかったからだ。
それでは話してるだけで
お散歩時間が終わってしまう。

「へぇ~、じゃあ」

と美月は嬉しそうに
ホームベースの上に立って
「1点取れた」と誇らしげに言い放った。

ルールがわからないので
突っ込みようもないが、
妙に嬉しそうだったので
それ以上の話はしなかった。





b0155903_21252198.jpg

美月のスポーツ経験は皆無だ。
少しだけ参加できた体育の授業でさえ
ほとんど見学だった。

昔、町内のドッジボール大会に参加したことがあった。
早々にボールをぶつけられ
ずっと外野で座り込むだけの参加だった。
スポーツの面白さや充実感なんて
知るべくもない。

しかし、自由に体を動かす喜びだけは
誰よりもよく知っているはずだ。
「動かす」というよりは「自由に」という
部分が、彼女にとっては重要かもしれない。





b0155903_21254316.jpg

幼少期からほとんどの時間がベッドの上だった。
だから体を思い切り広い場所で自由に動かす
という体験は、ボクらが考えるソレとは
大きく違うだろう。





b0155903_21274996.jpg

ボクはゴムボールを用意してきた。
これならば、当っても怪我の心配はない。
そしてスポーツをまったく知らない
美月にもルール無視で簡単にできる。





b0155903_2126766.jpg

「えいっ」

ボールを投げ上げて遊ぶ。
冬の陽射しを受けて
濃い影が地面に落ちる。


「かなちゃーん、これ前にもやったから
違うことしたい」

実はそういうリクエストも
あるだろうと思って
今日の公園を選んでいた。






b0155903_21263579.jpg

「あっちにアスレチックがあるから」

と言うと美月は風のような速さで
走って行った。

「うんわかった。気を付けるね!」

本来は活発な子なのだ。
そしてボクの心を見透かすかのような言葉。

体さえ大丈夫なら、男勝りのおてんば娘に
育っていたかもしれない。






b0155903_21265058.jpg

太陽の方向をふと見やると
遊具に冬の陽射しが煌々と照りつけていた。
それがいい具合にシルエットになっていて
まるで影絵のようだった。

こんなに遠く離れているのに
なぜか滑り降りる美月の姿は判別できた。






b0155903_2127215.jpg

心配し過ぎも良くない。
自立できなくなる。
体が駄目でも心は
いくらでも強くすることができる。

今朝、雪美姉さんから言われた。

確かに理屈はそうかもしれない。
でも美月の場合は事情が違う。
体が弱るにつれ、心も弱くなるのが
普通じゃないのだろうか。

と言い返したら
雪美姉さんはニヤリと笑って
「じゃあ逆もできるよね?
心が強くなれば体も強く元気になるかもよ」





b0155903_21271975.jpg

この一言で雪美姉さんが
何をいいたかったのか
理解できた。





b0155903_21312091.jpg

「病は気から」

という至極当たり前のことを言いたかっただけではない。
周囲で支える人間も気持ちを強くしなければ
ならない。

たぶんそうだ。突然の訪問は
美月のためだけではなく、
ボクの応援のためでもあったのだ。

雪美姉さんの情愛の深さに
ボクは改めて心の中で感謝した。

ボクが気落ちしてどうする。
両掌でパチンを顔を叩いて気合を入れる。





b0155903_21281336.jpg

暗い気持ちじゃ、誰も支えることなんてできない。
少しでも希望を持てることをしっかり考えよう。

[PR]
by nanase-kana | 2013-01-12 22:12 | 回想


日々の生活(いとなみ)に情景を


by nanase-kana

画像一覧

カテゴリ

全体
初めての方へ
回想
日常の情景
写真日記
肖像写真
未分類

以前の記事

2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月

フォロー中のブログ

しそとネコとクルマたち
光と遊ぶ
momo's Photo...
リフレクションズ
天気晴朗なれど~
Adze's Photo...
ラジオフライヤー
「時空の記録人」~タイム...
ヒトは猫のペットである
光の写真生活
リフレクションズ・外伝
PHOTO散歩
DIGITAL PHOT...
~feel Passi...
photo diary
ryuseiz eX4.0
hayabusa's p...
sei-散歩
E3系に乗って
DSLR Park
風写真
リフレクションズ・旅行記
SNAP×SNAP

無題
Air Contact
7:3
Let's take t...
ooxo_web [α ...
雰囲気写真3
= Faith of t...
Air Contact ...
キワコです
Rosetta's Ph...
モノクロポートレート写真館
まみめ
Azzurro Nuvola
VOSTOK PHOTO...
[新] ooxo_web

タグ

(48)
(42)
(38)
(27)
(17)
(15)
(15)
(15)
(15)
(12)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(7)
(7)
(6)
(5)

その他のジャンル

最新の記事

感謝と今後
at 2013-03-31 16:50
最後の言葉
at 2013-03-24 14:24
付き添い
at 2013-03-16 19:17
宣告
at 2013-03-10 16:35
希望論理
at 2013-03-03 10:21

外部リンク

ファン

ブログジャンル

カメラ
日々の出来事

画像一覧