付き添い


b0155903_1972388.jpg
朝のうちは曇天だったが
午後から陽射しが強くなってきた。




お昼から早速投薬が始まった。
点滴を刺すだけの地味な絵だが
いつも周りは不安に苛まれる。

当の本人は慣れたもので
ケロりとした顔をしているが、
さすがに今回は勝手が違うようだ。

今日は仕事を休んだ。
幸い有給休暇は売るほど余っている。


b0155903_198279.jpg


「かなちゃん、仕事行かなくていいの?」

ベッドに横たわりながらも
こちらに顔を向けて話しかけてくる。

「ああ、今日は休みだよ」

そう言いながらわざと
美月の手を握ってゆらゆらさせる。


b0155903_198599.jpg


少し表情が緩む。
目が優しくなり固い表情が和らいでいた。

「うん。ちょっと眠いから・・・」

と美月がボクの手を握ったまま
目を閉じた。

掛け布団の中に手を戻し、
冷えないように位置を整えて
病室の椅子に座り直した。


b0155903_1991543.jpg


陽射しが眩しかったので
ブラインドを閉じようと
窓際に寄った。

庭の木立に止まったスズメたちが
チュンチュンと元気よくさえずっていた。


b0155903_1993813.jpg


光が眩しい。
日なたは気持ち良さそうだった。
世界は実に平和だった。
すべてが幸福に包まれているように見えた。

でも、硝子一枚隔てた
窓のこちら側は
過酷な闘いの最中だ。

このコントラストに
ボクは奇妙な違和感を覚えた。


b0155903_1995257.jpg


どうしてボクの妹だけが・・・
と思ってしまう。

今さら無意味な問いとは知りつつも
口をついて出そうになる。


b0155903_1910961.jpg


すっかり眠りについた
美月の顔を確認して
病室の外に出る。

廊下で舞子さんと母が話していた。
こうして並ぶと本当にそっくりだ。
双子ではないが、そう言われても
疑う人は少ないかもしれない。

3人で今後を話し合った。
これからは何が起こるかわからない。
極力病院に誰かが居るようにしよう
ということになった。

昼間は舞子さん、夜はボクが付き添うことになった。
母も極力来るようにし、厳しい部分はあゆちゃんに
お願いすることにした。

幸いあゆちゃんは、今、学校が休みなので
時間が空いている。お願いすればきっと
全面的に協力してくれるだろう。


b0155903_19103812.jpg


夕方になってから点滴が終わった。
美月はまだ眠っていた。

少しズレた布団を直す。
母が美月にぐっと顔を近づけた。
身動きせずに我が娘の顔を見ていた。
悔しそうな顔をしたあと、ボクに
その場を託して出て行った。

きっと泣いているに違いない。
舞子さんがそう言った。
ボクもたぶんそうだろうと思った。

夜になりボクだけが残った。
母と舞子さんは明日に備えて帰っていった。
付き添う方もきちんとペースを守らないと
長丁場で持たない。

付き添う方が健康を損ねてしまっては
意味がないのだ。


b0155903_1911795.jpg


ソファーの上で目を覚ますと
美月がベットの上で、うんうんと唸っていた。
顔は脂汗でびっしょりだ。

「痛いよぉ」

「どこが痛い?お腹か?」

「違う。全身が痛い」

初めての副作用だ。
直ぐにナースコールをして
看護師に来てもらう。

これまでも痛みに襲われることはあったが、
ここまで露骨に痛がることはなかった。
痛みに対する耐性は、幼い頃から相当あったからだ。

看護師さんも手に負えず、医師に緊急連絡をする。

それから30分ほど騒がしい状況が続き、
美月には別の薬が投与された。

症状がよくなったわけではない。
単に痛みが我慢できるレベルまで
下がったに過ぎなかった。

美月の目は虚ろだった。
話かけてもほとんど反応は無かった。
強い鎮痛剤に当てられて
睡魔に抵抗できていないらしかった。

初日からこの状況だ。
明日からが思いやられる。

ボクは美月の手を握ったまま
朝を迎えた。

朝食になる前に舞子さんと
バトンタッチすることができた。


b0155903_19113591.jpg


美月の痛みは相変わらずだった。
昨晩よりはマシだったが、激痛のために
何も口に入れることはできなかった。

看護師を待たずにそのまま
直ぐに意識を失って眠りについてしまった。

きっと全身で病魔と闘っているのだろう。
そうだ。これはきっと良くなる兆しだ。
そう信じ込もうとした。


b0155903_19115944.jpg

しかしこの日を境に
状況は悪くなるばかりだった。

[PR]
by nanase-kana | 2013-03-16 19:17 | 回想


日々の生活(いとなみ)に情景を


by nanase-kana

画像一覧

カテゴリ

全体
初めての方へ
回想
日常の情景
写真日記
肖像写真
未分類

以前の記事

2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月

フォロー中のブログ

しそとネコとクルマたち
光と遊ぶ
momo's Photo...
リフレクションズ
天気晴朗なれど~
Adze's Photo...
ラジオフライヤー
「時空の記録人」~ウェル...
ヒトは猫のペットである
光の写真生活
リフレクションズ・外伝
PHOTO散歩
DIGITAL PHOT...
~feel Passi...
photo diary
ryuseiz eX4.0
hayabusa's p...
sei-散歩
E3系に乗って
DSLR Park
風写真
リフレクションズ・旅行記
SNAP×SNAP

無題
Air Contact
7:3
Let's take t...
ooxo_web [α ...
雰囲気写真3
= Faith of t...
Air Contact ...
キワコです
Rosetta's Ph...
モノクロポートレート写真館
まみめ
Azzurro Nuvola
VOSTOK PHOTO...
[新] ooxo_web

タグ

(48)
(42)
(38)
(27)
(17)
(15)
(15)
(15)
(15)
(12)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(7)
(7)
(6)
(5)

その他のジャンル

最新の記事

感謝と今後
at 2013-03-31 16:50
最後の言葉
at 2013-03-24 14:24
付き添い
at 2013-03-16 19:17
宣告
at 2013-03-10 16:35
希望論理
at 2013-03-03 10:21

外部リンク

ファン

ブログジャンル

カメラ
日々の出来事

画像一覧